忍者ブログ

半透明なサラダ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

故郷

 
 詩として優秀でなければならない
 という思いが徐々に滲んできた秋の薄暮
 確かに「詩のなかは息苦しい」のかもしれない
 残念がるぼくたちは
 誰かの表情を埋めるための偽善なのかもしれないね
 くすんだ故郷が痛がり始めて
 藁や、ビードロや、炭の跡が
 こころからぽつぽつと浮かんでくるね
 でも掛け声だけはやめられないと
「黄金色の白熱」を見せてくれた君がいるから
 今日も静かな熱病に咳をするのだ、ゴッホ
 
PR