忍者ブログ

半透明なサラダ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


隣の他人の砂川さん

 隣の教室の
 隣の席に座ってる
 赤の他人の砂川さん
 
 砂川さんは私とは
 あまり話したことないけれど
 不思議な縁を感じてる
 
 砂川さんの丸い目は
 少し茶色の優しい笑顔
 澄んだ空 または朝のあさがお
 
 私の細いひとえの目は
 よく見てみると奥二重
 きっと誰にも知られてない
 
 だけど砂川さんは
「知ってるよ」って目で
 私の目を見たことがあったんだ
 
 話したことはほとんどないけど
 きっとぼくらは親友だね
 
 わたし気のせいかな
 砂川さん気のせいでもいいよ
 
 話して欠けたりしたくはないから
 このまま他人で落ちついてくね
 
 ばいばい隣の砂川さん
 
PR

Iradachi

 てめえの捻くれたその性格も
 てめえの皮肉なその眼光も
 てめえのめちゃくちゃなその言葉も
 
 てめえが認めりゃいつでもトップ
 こりゃランナー しないぜストップ
 
 実力・思想・バイタリティ 俺こそがトップ
 分からねえBullSh*tは切り刻む
 
 それぞれ互いの道行く坊や
 大人になった 言い訳が増えた
 経験・算段 政治力出して
 八方塞がりの八方美人だ
 
 お前はどうなの?って悲しくなる
 俺の意図読めないならF*ck it
 もっとしなきゃね世界をFlexible
 波乱の様相 Like a MEXICO
 
 誰が言った「ここらで判断」
 俺はしないぜ 起こすぜ叛乱
 そこらにいつでも課題は散乱
 おべべ着て慣れ合うならそれ漫談
 
 まずは普通の作品でどうか? Ha?
 雑魚ばっか持ち上げて文化が衰退
 俺のお腹はとっくに空いた
 もっと良い作品出して来んか!
 
 てめえの可愛いその表情も
 てめえの笑える巧い作品も
 てめえの人当たり良い構成力も
 
 そう それは当然 全部 嘘だ
 
 てめえが見なけりゃ文化がストップ
 てめえが考えなきゃ歴史がループ
 てめえが読まなきゃ若手が消える
 てめえが変えなきゃてめえは死ぬ
 

I SING


 作曲:W-SOML 作詞:misty
 
 答えのなかで 流されてる ただ佇むだけの私、私
 この暗闇は 自分だけの特別だからと言いたい それはだめ?
 
 当たり前のこと 言わせてよ 最初の歌うたうんだ
 見たくないものも見てきたよ さあ この歌で変えるんだ
 
 形ない夢 影の未来(さき)に惑わされてるから痛い、痛い
 知らんぷりは敵 指先の動きだけを信じてみたい みたいから
 
 回りくどい言葉 いわないよ 最初の声で叫ぶんだ
 私 ひとりぼっち でもいいよ さあ この声で遊ぶんだ
 
 期待と不安は 傷ついた証明だ
 
 当たり前のこと 言わせてよ 最初の歌うたうんだ
 見たくないものも見てきたよ さあ この歌で変えるんだ
 
 
  ○
 
 
 またまた作詞を依頼されたので書きました! W-SOMLさんの曲です!
 
 とても素敵な曲になっているので、よろしくお願いします…!
 

 いろいろな人の間で
 ため息をするように生きてきた
 
 夕焼けが残る高校の
 ちいさなグラウンドが
 思い出される――
 
 馬鹿にされた数だけ
 他人を傷つけた 迷子のように
 
 絵の具をこぼし過ぎた教室も
 いまは違う子どもたちのてのひらで
 塗りたくられている
 
〝私〟が帰る過去は
 赤茶けた肌の
 鈍い痛みの向こうへ去ったまま
 
 ほどけない意思の強さだけで
 ほつれ続けた気持ちを慰めたのだろう
 
 河原のほうから子どもたちの声がするたび
 気づきかけて放っておいてしまった
 
 夕焼けの
 白球の音を思い出す
 

久遠に往く

 こころの紅に 夢をあずけ
 捨てられた 墓をあつめる
 
 煙たい道路は
 泥だらけの蜃気楼を得て
 
 知らない 登山道を往く
 
 揺らぐ音たちの会話
 夕焼けに 取り残された怠惰
 
 確かなものはここにある
 

こだまさおりの作詞システムの考察1


 作詞家・こだまさおりの歌詞のシステムの解明のため、独自に解釈をしていきます。
 個人的に、こだまさおりさんの歌詞は「歌声の響き」と歌詞自体が呼応あるいは対応しているのでは、と思っていますが。曲はStylipSより『MIRACLE RUSH』。
 
 
>冗談じゃない、わかるでしょ(you know?)
>油断できないこの事情(good luck)
「じょうだん」「ゆだん」、「じゃない」「できない」、「でしょ」「じじょう」あたりの押韻はすぐに見えます。「だん」「だん」など同一の音韻、また「しょ」「じょ」といった近い音韻によって押韻されていることが目につきます。
 また「ーのー」が、次の「だん」の「ゆ」の導引になっているのも指摘できます。また「ぐっらー」については、「ぐ」が「ゆ」の「u」の音韻から導引されているように感じます。
 
 
>究極の選択は永遠のトラウマ
「きゅうきょくの」「せんたくは」「えいえんの」「とらうま」は下線部分に注目したいです。
 音が凹んでいる部分に、「uo」「ua」の配置がされています。前行の「ぐっらー」の「ua」が導引とすれば、そこから「ua」「uo」「ua」「uo」「ua」という音韻の配置になっていると考えられます。
 
 
>勝ち負けじゃないキレイゴト(I know)
>励ましてくれてアリガト(thank you)
「きれいごと」と「ありがと」の押韻はすぐ見えます。また「かちまけ」「はげまし」は押韻の関係になると思いますが、その場合は全体的に散らばっている「ai」の音韻が注目されると思います。
 
 
>最後には自分なんだ 覚悟決めなくちゃ
いご」は、前行の「んきゅー」からの導引でしょう。「さいご」「かくご」や「なんだ」「なくちゃ」も押韻の関係と考えられます。
 
 
>気になるサジェスチョン
「さじぇすちょん」が、前行の「きめなくちゃ」と関係があるのかが難しいところです。
「さいご」の「さ」の影響力も考慮したいですが、ここの語彙選択に「こだまさおり節」なるものがあることは間違いなさそうです。
 
 仮に「なくちゃ」→「あくしょん」→「さじぇすちょん」という流れが想定されるなら、「さじぇすちょん」は導引可能に思えます。
 しかし現時点で、ここには「あくしょん」の役目を果たすものが観測されません。よって、こだまさおりさんは母音押韻以外の要因によって、語彙を選択している可能性を、引き算的に指摘できます。
 
 また「じれんま」と「きめなくちゃ」は押韻関係があるとも言えるでしょうが、「さじぇすちょん」→「じれんま」は導引可能でも、「じれんま」→「さじぇすちょん」の導引は考えにくいため、あまり採用されるべきではなさそうです。
 
 
>理屈は 時々無力でジレンマ
>流されてみてもいいのかも?
 可能性としては音数の一致があるかもしれません。日本語は音数が合えば、韻律がある程度、押韻の代替になります。
「さじぇすちょん」を母音回帰させて「aeuo」にすれば(この場合の「ん」はないようなものと考えられます)、「じれんま」は「ieua」、それが「ながされ」「aaae」への渡しにも見えてくるでしょうか。
 あるいは「りくつは」「じれんま」など、「i-a」の頭脚押韻も想定するべきかもしれません。どこまで揺らぎを許容するか、というところに問題はありそうですが。
 
 
>運命が回りだす 出たトコ勝負ではじめるの
>心の準備のアルナシは 待ってくれない
「uueia」「aaiau」「eaoo」「ouue」「aieuo」
「oooo」「u,io」「auaia」「aae」「ueai」
 
「unmig」「mwrds」「dttk」「shbd」「hzmrn」
「kkrn」「jnbn」「arnsh」「mat」「krni」
 
 母音と子音のみに展開してみて思うのは、ほとんど規則性がないと言うこと。音数はともかく、Aメロで見せていた押韻はどこにいったのか。サビに近づくにつれ、書き方を変えているのではと思ってしまうほど。
 
 個人的な耳を頼りにするなら、「しょうぶ」と「はじめる」の「o」、また「じゅんび」と「れない」の「u」の音の響き方が気になるところです。
 
 
>輝いてここ一番 自分の直感を信じて
>受け取った MIRACLE RUSH
>いま最高の奇跡に乗り込め
 これは不思議なことですが、「かがやい」「いちばん」「ちょっかん」「しんじ」の下線部分が、妙に音が響いているような気がしてなりません。
「いて」「ばん」「じて」「かん」の交互の押韻になっていると言えなくもないですが、日本語は英語やイタリア語と違い、押韻を交互させると急速にその効果が弱まることが分かっています。
 となると、「響く音」「響かない音」という風に、音に役割があって、それが交互に配置されている可能性が考えられます。
 ここでなら「い」「ここ」「じぶんの」「じ」あたりが「響かない音」、「て」「ばん」「かん」「て」が「響く音」だと言えると思います。
 と、思いますが、それが正しいのか、あるいは別の要因が関係していないか、メロディレベルで生成されているのか、フォルマント周波数レベルで生成されているのか、あるいはボーカルの声質によるものなのか、現時点では検討がつかないです。
 ただ、長短の繰り返しのように、音の響きの繰り返しが何らかの状態で保存されているのは、恐らく確か。
 
 
 後半に近づくにつれ、不明部分が多くなってしまいました。「こうかも知れない」を散りばめたものになっているので、内容も少し雑ですね。今回は一番のみでしたが、またいろいろチャレンジしたいと思います。
 

逆鱗

 怒りの鍵盤を投げつけて
 夕陽にのこる妹の背中を殺害しろ
 
 その柔和さは幼稚な徒手では貫けない
 
 光線のように固められた速乾性のボンドで
 虚飾だらけの美学を脅迫するのだ
 
 何人も寄せつけぬ頽廃さで
 唇のリップグロスを毒殺し
 
 偽善任せの暖房機器を破滅させ
 苛虐される鳥たちの鳴き声を虐殺する 
 
 手にしたい物は無限の可能性の甘美な妄動の中にある
 
 一つの荒野の惨殺で
 どんな漆喰の室を掴めるのか、と嘯きながら
 

トランキライザーRemix

 何のために生きてるか分からなくなる時
 夢や希望 消えそうな想い
 ちっぽけなことに囚われ 自分見失う
 行くしかないだろ この先の未来
 背負ってるでっかい期待
 言いたいこと言えない時代に
 なにをするかは自分次第
 
 なにが絵になる なにが声になる
 なにを選んで なにがためになる
 オリジナル どこまで発揮
 言ってしまいなよ 言葉ではっきり
 次の舞台へ 出会いは別れ
 ひたむきに生きる描いた明日へ
 こころの底の憂鬱(トランキライザー)
 落とした過去も捨てないさ
 
 夢を諦めないでよ
 上を向いていたいでしょ
 机をひっくり返しても
 いつでもその声で愛してよ
 
 気がつかない 気がつかない
 その瞳にまだ 火はつかない
 追いつきたい 「もう沢山!」
 いったいどうすれば合格点?
 悲しみ 痛み それに怒り
 こころの部屋に 留めていたい
 好奇心 探究心
 無限に広がる音の円周率
 吐き出して また書き出してく
 まだ見ぬ可能性 探してく
 丸めた気持ちを いま爆発
 明日へそれが きっと繋がるはず
 自分勝手な傲慢(トランキライザー)
 ひとつも隠しはしないさ
 
 夢を諦めないでよ
 上を向いていたいでしょ
 机をひっくり返しても
 いつでもその声で愛してよ
 


白粉花


 作曲:与命 作詞:misty
 
 これ誰の化粧かしら 少なくとも私のじゃないのは確か
 化粧は苦手でしないし どこか嫌な横目を引きつつ
 他の誰かになれたらと そうしたら化粧も様になるかな
 誰かの真似なんて嫌だけれど それしか選べない私がいる
 
 ああ、もうどこにも行けないの
 働いてばかり嫌味ばかりこんな陽の目は
 知りたくなかったし それならここも
 暗くて ちょうどいいやと 諦めた
 
 これ誰の手首かしら 少なくとも私は切ったりしないし
 痛みは怖くて みんなみたいに 閉じた真似できないの
 他の誰かになったふりは 今日もどこかでやってるらしい
 私は知らないとしらを切るけど それすら選べない私がいる
 
 ああ、どこにも行きたくないの
 他人の王子様は知ったかぶりだし
 気づきたくなかったけど 私の彼は
 どこにもさ いないのだと 諦めた
 
 道を知らぬ夕陽たちを 諦めた 諦めた
 

レッドカード

 
 もう今は この町もどこか消えて
 彼らも知らない 反抗期のビルさ
 手に持ってる四角い奴で ほつれてく僕ら
 親たちが立ち向かっていたものすらも
 もう何か分からない
 
 不感症じゃない
 真ん中に傾きすぎた機体を戻していくのさ
 For My Dream... For Someone Dream...
 
 あの頃は この町もどこか消えて
 彼らも知らない 荒れ果てた大地さ
 手に持てるものはなくて 空腹だったな
 僕たちが夢見てたものって何だろう
 叩きつけたレッドカード
 
 不感症じゃない
 右っかわに傾きすぎた町を壊すのさ
 For My Believe... For our Believe...
 
 俯瞰症じゃない
 左っかわに傾きすぎた大都市を変えるのさ
 For My Sweet... For Anyone Sweet...